ED患者は何かとプレッシャーを感じやすい

ED、勃起障害の男性は増えていると聞きますし、その増え方も以上だと専門家の話で耳にしたりしていますが、具体的に数字でいえばどのような増え方を示しているのかは興味の湧いてくるところですね。

他の病気と参考に比較してみると、EDや勃起不全の患者は糖尿病の患者と潜在的には同じくらいだと予想されているのです。

その潜在的患者数は何と1000万人を超えるとも言われており、正式に勃起不全と診断された人だけでも200万人を超えるという恐ろしい数字をたたき出していますから始めてそれを知ると流石に誰でも驚くでしょう。

これだけの潜在的患者数がいるというのは、身近な人でも誰がEDであってもおかしくはありません。女性だったら、もしも自分の彼氏やパートナーが勃起不全だったら、と思い当たる人も少なくないでしょう。

糖尿病も世代を問わず増加傾向にあり、誰が鳴ってもおかしくない生活習慣病の一つですから、それと比較してもEDも同様に身近な病気であることが容易に考えられるでしょう。

独り身の男性にとっては、特に彼女もいなければEDの問題は当面は無視していられるかもしれませんが、それがこれから子づくりを考えているパートナーのいる男性だった場合は、一生を左右する大きな問題となるでしょう。

普通に快楽のために行為を楽しむためならともかく、子づくりを真面目に考えている男性は妻からの期待もあって、非常にプレッシャーを感じやすく、それによって勃起も妨げられているとも考えられます。

まずはED治療においては男性ホルモンの数値は正常であるかに加えて、打つなどの心理的問題を抱えていないかをテストされますが、それだけ精神面が与える男性器への影響は大きいのです。

もちろん、男性の精神的な面で彼女やパートナーのサポートも必要とされています。女性の接し方ひとつで男性の自信ややる気も大きく変わってきます。